2008年04月13日

金をかけずに渋滞を減らすためには1 ルート変更編?

多分同じような記事を何回か書くかと思います。

渋滞が起こるのは、朝のラッシュ時、またはラッシュ過ぎてから夕方まで、そして夕方のラッシュ時、でしょう。
それ以外の時間帯に渋滞するのはよほどの混雑状況でない限りは有り得ません。

朝・夕のラッシュ時に起こる渋滞の原因は単純です。
通勤するために車が集まるからです。
車が集まって、ボトルネック箇所で渋滞が起こるんです。


じゃあ、ボトルネック箇所を使わせないようにすればどうなんでしょう?
例えば、右折する車のおかげで後続が渋滞して直進車にも迷惑がかかるというのは普通にあります。
そこを、少し遠回りしてもらって右折してもらう、または左折と直進を駆使する、という方法があります。
通勤ルートの変更を要請するのです。
「通勤」だから、ルートを変更してもらうことは容易です。
最悪の場合、お金を出して変更してもらったらいいんですから。


そういうことをやり続けていけば、渋滞は多少はマシになるんじゃないでしょうか。渋滞が恒常化しているけど道路の拡幅は難しい街にとっては、特にいい方法だと思います。

でも、車が多すぎる街ではこれだけじゃ対処できない・・・。
次回は、いかに車を減らすかについて考えてみたいと思います。
公共交通に転換させるのは難しいですが、別に使える方法はあります。


記事が面白かった場合でいいですので
人気blogランキングをクリックしてください

2008年04月12日

架橋記念半額割引の結果

http://www.jb-honshi.co.jp/news/080408news-1.html


いずれも高い伸びを示しました。倍増にはなりませんでした。
というわけです。
ETC限定でここまで利用者が伸びるのは凄いですけどね。
posted by tokumei at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | New 道路に関する記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

広島県東部(福山・尾道)〜島根県東部(松江・出雲)・米子の移動ルートを考える

過去に数回、尾道経由で日本海方面へ行ったことがありまして・・。

その際、ルート選択を非常に迷うこととなりました。
実走を何回かしてみて、最適解は見つけられたのかなと思います。
今回は、その各ルートの利便性について書き連ねます。


・山陽道〜岡山道〜中国道〜米子道〜山陰道
最速ルートはこれで決まりでしょう。遠回りになるものの、100km/hに近いスピードで常に走ることができれば多少の遠回りなど気になりません。
尾道・福山〜米子・松江・出雲のルートで使えるかと思います。
が、お金がかかるので利用したがらない人も多いでしょう。
このルートだけ説明して終わりにしてしまうならばこのブログの存在価値などありません。


・(尾道〜)福山〜国道182号〜西城(備後落合)〜
 〜国道183号〜国道180号〜米子
 〜国道314号〜
  〜県道25号〜県道24号〜松江
  〜大仁広域農道〜県道24号〜松江
  〜県道26号〜出雲
  〜国道54号等〜平田
国道182号の片側1車線区間に入るまでがちょっと大変ですが、入ってしまうとほぼ全線60キロ制限・信号皆無の国道182号です。
とんでもないスピードで流れているので、東城までの60キロあまりはあっという間でしょう。
東城から西城までも時間はかかりません。
米子方面は行ったことありませんがこのルートしか考えられません。
国道314号に入って、通称おろちループを通り、出雲三成まで着きます。
そこから先は各目的地に向かって走ればいいでしょう。
国道314号はまあまあ走りやすいですがR182には適いません。

このルートはそれほど車が多くないので走りやすいです。
若干遠回りかもしれません。

・(福山〜)尾道〜国道184号〜世羅
 〜国道432号北行〜上下
  〜県道25号〜東城〜(国道182号ルートへ続く)
  〜庄原
   〜国道183号〜西城(国道182号ルートへ続く)
   〜国道432号〜出雲三成(国道182号ルートへ続く)
 〜三次〜国道54号
  〜国道9号〜松江
  〜県道40号〜国道184号〜出雲
  〜県道62号〜国道375号〜太田
 〜国道432号南行〜県道52号〜国道54号〜県道4号〜国道261号〜江津
こちらは尾道発着ルートです。綺麗に分岐しますね。
とはいっても、東城へ抜けるのは遠回りです。
西城から米子へは使えるかもしれません。
国道184号は速度は出せるものの峠越えが多くて車も多くて走りにくいです。国道54号も同様でしょう。
国道375号は三次に近いほうは酷道です。残念。
中国地方最大の国道トンネルはR375にあります。
このR184・R54ルートが福山・尾道〜松江方面のメインルートになってるんでしょう。
並行するように、尾道自動車道が整備される予定です。
いや、もう整備は真っ只中です。かなり順調のようですね。


どうも、この2ルートが主流のようです。
車が少なくて若干遠回りでも自分のペースで走るか、
主流ルートをただ走りつづけるか。

なだらかな山の中を50/60キロ制限くらいでただ走る。
中国山地はどこもこんな感じです。
たまに変な道はありますが、国道のみならず県道でもいい道が多い。
というのはうらやましい限りです。


・Web上で地図を見るには
マピオンをお勧めしていますが県道何号かよくわからないのが弱点なので、MapFanを使えば県道番号も調べることができます。

記事が面白かった場合でいいですので
人気blogランキングをクリックしてください
posted by tokumei at 21:06| Comment(1) | TrackBack(0) | New アクセス/ルート選択 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

北陸自動車道流杉スマートIC社会実験

北陸自動車道流杉スマートIC社会実験 春風に乗って順調な滑り出し(速報)

1日の利用台数は約1,250台


スマートICでこれだけの利用台数があるのは素直にすごいですね。
場所が場所だけに使い勝手もいいのでしょう。

今日はこれくらいですすみません。
posted by tokumei at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | New 道路に関する記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

大都市間に貨物鉄道網を張り巡らせる計画を考える1



こんなことを言うと、妄想だとか言われそうですが、
このブログは極めて現実的な記事と極めて妄想に
近い記事の2本立てで構成されています。

車を使って数百キロから数千キロも物を運ぶのは
エネルギー消費量の観点から言えば極めて非効率的です。
日本では貨物鉄道よりトラックを利用したほうが
安くて効率がいいからトラックが主流なんでしょう。
大量のものを運ぶ場合は貨物船も使われています。

エネルギー消費量は、
鉄道<船<<<<<トラック<<<<<<<<<<
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<飛行機
ですから、できれば鉄道あるいは船を利用させたい
ものです。
ただし、現状では非効率的なんでしょう。
エネルギー消費量が少ない輸送方法を使わせるように
誘導すればいいのでしょうが、その方法は次回以後に
回すとして、今回は、その場合の鉄道網の整備計画に
ついてです。

(誘導方法ですが、都市部に人や物を集めすぎない、
なるべく地産地消を心がける、鉄道を利用した場合の
料金を安くする、そのためにJRの不採算路線を国有化
したり貨物・北海道・四国・九州も再国有化する、と
いったものです)
(おそらくJRの再国有化については非難されること
かと思いますがJR民営化は長期的に見ればあまり良い
ことはありません。民営のままだと大変なことになります)

続きを読む

高速道路(高速自動車国道)料金の求め方について

高速道路(高速自動車国道)料金の求め方について

キロ24.6円
※普通車の場合

キロ19.68円 軽自動車・2輪
キロ29.52円 中型車
キロ40.59円 大型車
キロ67.65円 特大車

東京・大阪近郊の以下の区間では
大都市近郊区間に指定されています
(首都高速道路・阪神高速道路を除く)
(京葉道路を除く)
1キロ当たり、20%上乗せされます
(29.52円)となるはずなんですが、
(31円)と記述しているところばかりです
31円で計算しておきましょう

 東松山    加須   矢田部
  \      |    /  
  大泉―(東 京 外 環 道)
   練馬 | |   |
八王子―( 首 都 高 速 )  成田
     /        \  /  \
   厚木       宮野木JCT 成田空港  


西宮北――吹田――大津
       /
    西宮

長大トンネルを含む区間では、60%割増料金(39.36円/キロ)となります。
関越トンネル 関越自動車道 水上〜湯沢
恵那山トンネル 中央自動車道 園原〜中津川
飛騨トンネル 東海北陸自動車道 飛騨清見〜白川郷(未開通)

関門橋を含む、下関〜門司港間は、64円/キロの料金となります。

道央自動車道・東京外環自動車道・中央自動車道・東名阪自動車道・西名阪自動車道・近畿自動車道・阪和自動車道には、均一区間料金が存在しています。
所定の料金を払えばあとは何区間でも乗り放題ですが、いったん料金精算となります。

山形自動車道の笹谷IC〜関沢ICの料金は普通車200円などです。

長距離逓減割引
大都市近郊区間・関門橋・均一区間・長大トンネル・山形道笹谷〜関沢以外の部分に適用されます。

100km〜200km:25%割引
200km〜    :30%割引

練馬〜新潟中央を利用する場合、距離は全体で301.9kmです。
練馬〜東松山の区間39.4kmは大都市近郊区間です。
水上〜湯沢の区間26.0kmは長大トンネル区間です。

100km〜200km分は25%割引となり、
200kmを超える101.9km分は30%割引になります。
100km未満のうち、大都市近郊区間として計算されるのが39.4km、長大トンネル区間と計算されるのが26.0kmです。
残りの34.6kmが普通の区間として計算されることになります。

合計7,000円らしいのですが、どうやっても計算が合いません。
どういう風に計算なされてるんでしょうか?
大都市近郊区間  1163円
長大トンネル区間1023円
100〜200km 1845円
100km以下と200km以上の料金が、
2794〜2844円になるような料金が答えです。
851.16+1754 ×(200km以上の料金を101.9km適用)
2460+628.53 ×(100km以下の料金を100km適用)
皆さんで回答を探してください。私には良くわかりません。
半分に割ったら2846円だったのでまず半分にしておけば間違いはないかもしれません。

単純に計算して、そして最後に+150円すれば、高速道路料金が出てきます。
大都市近郊区間と長大トンネル区間さえ絡まなければ簡単に出てきます。

詳しく書かれたホームページがないので記事にしました。
記事が面白かった場合でいいですので
人気blogランキングをクリックしてください
posted by tokumei at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | New 道路に関する記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

新名神1ヶ月後の交通状況&圏央道開通1年後の交通状況

一般国道468号 首都圏中央連絡自動車道(圏央道(けんおうどう))つくば牛久(うしく)IC〜阿見東(あみひがし)IC 開通1年後の効果のお知らせ

堅調に交通量は伸びていってるようです。
この程度の区間で高い料金なので、国道からの転換は少ないようですね。
牛久阿見〜阿見東間が約2,500台/日です。
つくば牛久〜牛久阿見間が約5,000台/日です。
つくばJCT〜つくば牛久間が約10,000台/日です。

新名神高速道路(亀山ジャンクション〜草津田上インターチェンジ間)開通後1ヶ月間の交通状況
新名神:28,000台/日です。意外と多いです。
予想だと20,000台/日くらいじゃないかと思っていたのですが・・・

名神高速道路は、一宮以西?では13,000〜14,000台/日減っています。
名古屋市街発着が約5,000台/日?、豊田〜草津を通しで使う車が約9,000台/日いることになります。

名阪国道も4,000台/日ほど減っています。
1,000台/日くらいかなと思っていたのですが意外でした。
伊勢方面の需要があるのでしょうか。

名神の草津JCT〜瀬田東JCT間は11,000台/日増えて106,000台/日となりました。いくらなんでもこれは交通量多すぎですね。
大山崎〜吹田間も数千台は増えてるでしょう。
一刻も早い新名神全通が望まれます。


記事が面白かった場合でいいですので
人気blogランキングをクリックしてください
posted by tokumei at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | New 道路に関する記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

国道191号+国道490号は国道9号の代わりになれるのか

昨日は鳥取豊岡宮津自動車道、今日は国道191号のほうです。

一般道だけで九州から関西・北陸・東北方面へ向かう場合、国道2号から国道9号に入り、京都を目指すルートが推奨されています。
旧小郡町から国道2号を離れて益田まで行く国道9号ですが、その手前に国道490号があります。
これを使って萩まで行って、萩から益田まで国道191号を走るのとどっちがいいのでしょう。
(今回は、何も開通しない状況での比較です)

と考えたことがあります。
ただし、国道490号に難点があります。
萩市近くの笹目峠はどう見ても酷道です。
ただ、県道32号を使って国道262号に出ることができます。
これでこの区間の問題は解決です。
もうひとつ、中国道以南の国道490号は若干遠回り若干狭いです。
こちらはまともな県道30号を使う近道があるようです。
この県道を使うことにしましょう。

国道2号の宇部市西部から県道30号を北上、
R490に入るとR435との重複区間もありますがずっと北上、
道なりにいくとそのまま県道32号に入り、
やがてR262に合流、萩市を経由してその後は海岸線沿いにR191を益田まで走るルートです。

このルートと、R2→R9と、どっちが早くなるのでしょう。
距離と時間を計算してみましょう。

宇部市国道2号と県道30号との岡の坂交差点
〜益田市中吉田交差点
R2〜R9 115km   山口市街を通過
R490・R191 113km  萩市街を通過

距離的には変わりありませんし、どちらも道が良いです。
(国道490号のほうは動画で確認しました)
(国道191号の萩〜益田は実走経験あります)
現状では、どちらを選んでも大差ないということでしょう。

現在、国道490号に並行して、地域高規格道路の「小郡萩道路」を整備中です。
どうも今年度に、中国道のところから、絵堂というところまで開通するのだとか。
これができればR490経由に変えてくる車も多くなるんじゃないでしょうか。
R191は萩から阿武町まではそれほど走りやすくないものの、それ以東は車がほとんどおらずずっと60キロ制限の素晴らしく走りやすい道です。

ただ、R2〜R9ルートのほうが、わかりやすさと大型の走りやすさは上でしょう。
わかりにくくても自分のペースで走りやすい道を選ぶか、わかりやすい道を選ぶか、住み分けができるんじゃないでしょうか。
(多分もう住み分けが出来てるとは思いますが)

記事が面白かった場合でいいですので
人気blogランキングをクリックしてください
posted by tokumei at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Old/New 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

鳥取豊岡宮津自動車道は国道9号の代わりになれるのか

鳥取豊岡宮津自動車道という地域高規格道路があります。
名前の通り、鳥取と豊岡と宮津を結ぶ高速道路です。
宮津で京都縦貫道と繋がります。

なれるのかと言いつつ、全通したら当然なれるんですが、
全通するはずもないのは確かなので、いつごろ使える道になるのかということを見ていきたいと思います。

Wikipediaの記事と、あとは兵庫県のページから見ていきます。
http://web.pref.hyogo.jp/tj05/tj05_5_000000009.html

今年の12月に新たな区間が開通します。鳥取・兵庫県境の誰が見てもくねくね曲がりすぎてる道のところを1本のトンネルに改良する、東浜居組道路です。
遠回りしても少しの距離を余分に走るくらいなら使う車は多いのですが、こうもあからさまに難所になっていては通る車も少ないでしょう。実際、1日2,500台(H17)だそうです。

来年の3月には、宮津野田川道路として、宮津天橋立〜野田川岩滝間が開通します。
http://www.pref.kyoto.jp/doroke/jigyou-ttm1.html
とはいっても、宮津天橋立以南は有料な上、宮津天橋立ICから宮津市街へ行く道は市街地を通る道で速度もあまり出せないため(実走経験あり)、無料区間だけ使う車はあまり転換しないでしょうね。


2008年度に開通する道路はこの2つです。
R9の代わりにするには難有りの部分が多いですね。
そして後の区間のうち、香住道路から西へ続く余部道路が2010年度開通予定だそうで、これが整備されれば少し事情が変わってきます。

鳥取県の岩美町の街中を通りR178へ、そこから快走路を走り、浜坂のところは少し難有りとしても、余部からは香住を越えるところまで高速道路、そこからは久美浜まで快走路、久美浜からはR312を経由して野田川まで、野田川から再びR178をR175の交点まで走ります。
鳥取〜舞鶴・敦賀・木之本方面はだいぶシフトする可能性があるのではないでしょうか。
とはいっても、難有りの部分はあります。
あとは、残りの事業がどのように進んでいくかを見ていきましょう。

野田川大宮道路
宮津野田川道路の続きですが、平成20年代半ば、つまり2012〜2015年度ごろですね。
R312〜R178を短絡する役割があります。

余部道路の続きに浜坂道路というのもあります。
こちらはまだまだ時間がかかりそうですが、動きはあります。

駟馳山バイパス
こちらは鳥取バイパスの続きの道路です。岩美町までの高速道路となります。


記事が面白かった場合でいいですので
人気blogランキングをクリックしてください

2008年04月05日

大型トラック、店舗兼住宅に突っ込む 愛媛県新居浜市

画像01 020.jpg
画像をクリックすると拡大します


大型トラック、店舗兼住宅に突っ込む 愛媛県新居浜市の国道11号にて

5日午前5時25分ごろ、新居浜市喜光地町1丁目の国道11号
で、香川県坂出市、トラック運転手男性(64)の大型トラックが
中央線を越え道路脇の電柱に接触、化粧品店経営女性(68)の
2階建て店舗兼住宅に突っ込んだ。
一階で就寝中の女性にけがはなく、男性は軽傷。
建物は傾き、車の撤去作業で国道は一時渋滞した。


(愛媛新聞より 写真撮影:当ブログ管理人)

国道11号線を走っているととんでもない光景を見ました。
突っ込んだんだそうです。気分が悪くなったとか。
この国道は昼間は混みますが深夜は車がほとんど走ってませんからね。
その時間帯を狙って大型トラックが下道だけを走って長距離を移動します。
64歳、おじいさんと言える年齢の人が深夜、一般道だけで長距離を移動するということです。
仮に新居浜市から坂出市を行くとすると昼間なら2時間半を見ておかないといけません。夜中なら1時間40分で行けるんじゃないですか。
80キロ以上で走ればもっと時間短縮できるかと思います。
三重県のとある国道では夜中は100キロ以上で流れているんだそうです。


※一般道の法定最高速度は60キロです。法定速度(制限速度)を守りましょう。
posted by tokumei at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Old/New 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。