2006年06月16日

速度制限について

速度の記事です。当たり前とかいまさらとか空気が
読めない人が来るとか書かれるかもしれませんが、
こういうブログやってるもんですから一応考えて
書いてみます。
あと、文章内では制限速度と法廷速度とをごちゃ混ぜ
になってるとは思いますが、あまり時間がなかったので
直す時間がありません、ごめんなさい。


現在、制限速度どおりに走ってる人はほとんど
いません。(私はもちろん法律に遵って走っています。
当たり前じゃないですか)
実際には制限速度+10〜15程度で流れているようです。
法律を守っている私は、現在の制限速度が低くて
制限速度どおりに走っていると遅いと感じてしまいます。
北海道だともっと早く流れているのかもしれません。

一回、パトカーは制限速度どおりに走ってるだろうとパ
トカーの後ろを走っていましたが、速度計を見たら
制限50の道を60で走ってたことがあり、警察も+10
キロで走ってる、つまり、この程度は黙認なのかと感じた
ことがありました。検索してみると、いくつか、警察
が制限速度以上で走っているという書きこみもありました。

高速道路だと、最高速度どおり走っているとその横から
どんどん抜いていきますね。+10キロどころではなく、
+40くらいで走ってる人も多いです。ちなみにインター
ネット上で調べてみたところ、+35キロ程度なら問題は
ないようだと書かれているサイトがありましたし、
その程度飛ばしてる車が捕まったケースを見たことが
ありません。

つまり、制限速度と実勢速度とは違いがあるものの、
警察がある程度黙認しているというわけで、こりゃどうも
おかしいんじゃないかということです。

外国では制限速度以上を出すと、大目に見てくれること
がなく取り締まられることが多いようです。しかし、
制限速度は柔軟に対応されていて、速度を出せる場合、
一般道では80キロ以上、高速道路だと120キロ以上の
制限速度を設定している場合も多いのです。(市街地
だと極端に制限速度が下がります。日本もそうですが)

日本の場合、原付(50cc)は30キロという、実情に合わない
法律が未だに採用されていて、それより1cc高ければ
突如として60キロまで出せるようになっていいます。
自動車は一般道では60まで出せますが、制限速度は大抵
50キロですし、高速道路でも100や80、対面だと70である
と制限速度も低い、その割には速度違反は一般道で
15キロ程度、高速道路では35キロ程度はは大目に見てい
るという、おかしいという事態になっています。

元々、この速度規制は、昔の車の性能に則って法律を
作っているのですが、昔、名神ができたころの法律を
今も使っているというのはおかしいですよ。車の性能
は非常に上がっています。軽自動車ですら140キロは
平気で出せる時代です。どうせ事故が増えるからと
いう理屈で制限速度アップに反対するのでしょうが、
それならスピード違反を徹底的に取り締まってほしい。
制限70キロのところを80で走ってる車を取り締まら
ないのに制限速度を上げることに反対するのはどう
考えてもおかしい。それどころか、警察官自身が
スピード違反を平気でしている。
警察官ですらスピード違反をするというのは、
それこそ制限速度が実情と合っていないと
いうことの証明ではないのでしょうか。


第二東名高速反対派のページに、何度走っても
東名を制限速度どおりに走れたのだから平時での
渋滞はない、渋滞を理由に建設を推進するのは間
違いだという意見がありましたが、非常に筋が通
っています。確かに、東名ほどの交通量があると、
時速120キロ程度で走っていれば何度も加減速しな
ければいけませんが、120キロも出していれば速度
違反です。100キロ程度で走っていてもそれなりに
加減速しないといけないのですが、80キロ以上で
走れていればそれは渋滞ではありません。
制限速度が低いから、筋が通ってしまうんです。
制限130キロの道路で80キロしか出せないとなれば
問題になりますけどね。


記事が面白かったと思ってくれた方は、クリックをお願いします
人気blogランキングへ
posted by tokumei at 19:35| Comment(10) | TrackBack(0) | Old 標識関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

LED信号機について

ようやく前に書くと宣言した記事を書きます。

信号機といえば、長らく電球式が主流でしたが、LEDの発明に伴い、
徐々にLED信号機に変わりつつあります。

LED信号機の最大の長所といえば、コスト削減です。
消費電力が電球式に比べて大幅に減ります。電力消費が減るという
のは電力会社にとっても電力料金を支払う側にとっても大変ににあ
りがたいものです。これから石油の値段が高くなるのは確実だけに
この魅力は絶大です。
保守費用が軽減できるという長所もあります。LEDの寿命は電球の
10倍以上です。
導入コストは高いですが、維持費用は安いので、結局安くつくという
わけです。
そして、運転手にも見やすく、西日にも強いという長所もあります。

逆に短所といえば、電球ほど熱を出さないため、寒地での導入が
できないということです。(本当はできると思います、理由は後で
詳しく書きます)
また、色盲の人にとってはLED信号はあまりよくないようですが、
因果関係はよくわかりません。LED信号のほうがよく見えるという
意見もあります。ただ、色盲の人への最大の対策は、信号機の
形を(●●●)から(●▲■)のように変えるすることではない
でしょうか。((●▲■)はあくまでも一例です)
もうひとつ、そしてLED信号が普及しない最大の理由ですが、保守
費用が軽減できますが、その仕事に携わってた人の仕事が減るという
ことでして、これには大きな反発があります。確かに反発があるのは
わかりますが、仕事が減ることで雇用が失われた人にはちゃんと
就職先を斡旋するということをすればいいんです。それをせずに
電球型を維持するのはあまりよろしくはないでしょう。

というわけで、願ったり適ったりのLED信号です。素晴らしいもの
ですので私としては導入を早く進めて欲しいと思っていますが
短所の一番最後の理由が原因で導入はあまり芳しくありません。
(コスト意識があるのでしょう、鉄道会社の信号はほとんどLEDです)
特に、私の住んでいる愛媛県は非常に導入が遅れており、
街の中心部くらいにしかないという実感があります。
東京都は自動車用の信号については非常に導入が進んでいますが
歩行者用信号にはほとんど導入されていないという隠された事実も
ありますがまだマシなんでしょう。
コスト意識がある鉄道会社の信号はほとんどLEDです。
保守の会社には警察OBが天下りしてるようで、それが癌のようです。
(悪い意味で日本一有名な愛媛県警だからこんなに導入が
遅れているのでしょう…でも香川も高知もLED信号の導入はあまり
すすんでいませんが(徳島はまだ少ないですが割と導入されています))


ちなみに、こういう意見もあります。
http://www.otsune.com/diary/2004/09/06/1.html
GraphicWizardsLairのホームページによると、
>信号機をLEDにすると警察天下りの信号メンテ業者が減収に
>なりそうだけど、実は汚れを拭き取り掃除する仕事がある
>のでそんなに変化は無い

という意見です。確かに汚れはどうにもならないですからね。


ちなみに、寒地での導入ができないというところで、導入でき
ないことはないと最初のほうに書きましたが、その理由としては、
LED信号は発熱をほとんどしないため、雪が積もるということ
なのですが、雪が積もる時期には電球式信号を、雪がつもらない
時期にはLED信号をつけるという対策ができます。そもそも
日本は雪が積もる時期より積もらない時期の方が長いのですから、
両方つけてしまえば電気代の節約となり、また電球式信号は
使わない時期のほうが多いのですから寿命が長くなり保守費用の
削減ともなりコストの削減ができるのではないでしょうか。

ちなみにこんな感じです
(寒地の信号は横でなく縦なので実際は違いますが)
|(●●●)電球
|(●●●)LED

|  



参考ページです 
茨城県議 井手よしひろ氏のホームページより
http://www.jsdi.or.jp/~y_ide/030830led.htm
龍谷大学新聞社
〔 特集 ]見やすくなった歩行者用信号の正体<2004年11月号>
http://www.rpress.net/k/200411k/singou.htm




記事が面白かったと思ってくれた方は、クリックをお願いします
人気blogランキングへ

posted by tokumei at 21:58| Comment(2) | TrackBack(2) | Old 標識関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

踏切信号を積極的に導入すべきじゃないのか

最近記事がニュース紹介だけになってるんで、ちょっとは路線変更して・・・。


車両が踏切を渡る際は、必ず一時停止しなければならない。
しかし、踏切信号がある場合には停止しなくてもいい。

ということになっています。日本では。

しかし、非効率きわまりないんですよね。
昔、遮断機のある踏切が少なかった頃に比べて、
今は殆どの踏切に遮断機はあります。
(未だに無いのもあるのが困りものですが)

せめて、2車線道路にある踏切くらいは、踏切前で必ず一時停止しなくてもいいように、
つまり踏切信号を積極的に導入すべきじゃないかということになりますが・・・。

個人的には一時停止のルールなんて廃止、遮断機のない踏切を廃止
(そもそもなんでまだ残ってるかというと、
自治体の負担があるために自治体側が躊躇してしまうからです)
してもらいたいところですが、今すぐにはムリでしょう。
ですので結局、踏切信号を積極的に導入するのが一番ということになります。

踏切信号くらい積極的につければいいと思うんですけどね、
やっぱりネズミ捕りができなくなるから警察が嫌がってるんでしょうか。

ちなみに、外国の例がありました。
ドイツじゃ一時停止なんてルール、そもそも存在しないみたいです。
http://www2.chokai.ne.jp/~assoonas/OR33.HTML
を参考にしてください。




記事が面白かったと思ってくれた方は、クリックをお願いします
人気blogランキングへ

posted by tokumei at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Old 標識関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

ピラミッドとキリストの墓が青森にあるらしい

ピラミッド    ↑
.キリストの墓 |

っていう標識が青森県新郷村にあるらしいです。
実際に見に行きたくなってきました。
検索してみると画像発見。
「キリスト祭」とかいう不可解な祭りもあるそうで、日本はまだまだ広いですね。

人気blogランキングへ
posted by tokumei at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Old 標識関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。