2006年09月07日

美作岡山道路を実際に走ってみた

コメントにも何やら書かれていたようなんで、レス代わり
の記事としてみます。ネタ切れというか圏央道関連が中々
進まないのもありますが・・・

数ヶ月前、わざわざ走ってみました。どれだけ使えるのか
ということと初物見たさですね。時間短縮効果を期待した
わけではないです。

今回は熊山→佐伯を利用しました。岡山〜美作までの走行が
レポートに書かれています。

殺伐とした国道2号岡山バイパスを走り、県道37号ランプで
降りました。そのまま県道37号を走行します。途中市街地を
通過します。信号にやや捕まります。山陽ICをすぎ、県道253号
分岐(案内板あり)で右折。右折に時間がかかる場合があります。
県道253号は新興住宅地のせいなのか、信号に捕まりやすい
です。そのまま直進し続けること15分くらいでしょうか、
不安になったころ、熊山ICに到着します。
熊山から佐伯までは僅か数キロですのであっという間に佐伯IC
まで到着してしまいました。出口で赤信号に捕まった後、
右折して県道53号を10分くらい走りつづけますと国道374号
分岐、そこから20km程度走行すれば旧美作町(現美作市)に
到着です。

こういう経路でしたが、県道253号分岐を右折せずに直進して
国道484号を経由して国道374号に出たほうが良かったんじゃ
ないかと地図を見て考えました。信号で捕まる機会が多く、
所用時間短縮には使えません。
そのまま国道2号+国道374号経由でもかなり早いはずです。
最速は、距離的には余分ですが、全線高速道路である
岡山ICから岡山道・中国道経由が一番でしょう。一般的な
利用法ならば1時間を切ることができるはずです。

美作岡山道路に並行している国道374号はかなり走りやすいです。
制限60の区間も多く、県道53号分岐から国道374号を南下すれば
10kmちょっとで和気ICに到着してしまいます。
和気ICから山陽道経由も使えそうです。
和気ICからたかだか35kmくらい快適な国道を走れば旧美作町
に到着しますし、大きくカーブしてる区間も少しありますから
国道を一部改良してしまえばさらに数kmは短縮できます。

改良してしまえばわざわざ高規格道路を造る必要はない、
優先順位は限りなく低いと言えるでしょう。

関西への流出が多いから岡山への道が重要だと言われたら
中国地方の山間部には網のような高速道路網を張り巡らさないと
いけません。
地方の人の流出は日本の全体構造を根本的に変えなければ
どうにもなりません。それは強力な、あらゆる利権が絡む
ために実質不可能です。

岡山と津山を最短経路で繋ぐのならともかく、なぜ半端に
美作と繋いでしまったんでしょうか。近くに播磨道という
立派な高速道路がありながら、なぜ造ってしまうんでしょうか。


理由はわかるんですが、説明していくと、まず間違いなく
1回では書ききれない上にまだ圏央道シリーズが残ってるんで
(更新ペースが遅くてすみません)また今度にします。




面白いと思ってくれた方は、クリックしてくだされば幸いです。
人気blogランキングへ

posted by tokumei at 20:29| Comment(8) | TrackBack(0) | Old 地域高規格道路を診る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

【広島、鳥取】江府三次道路

簡単な記事が続きます、ごめんなさい


江府三次道路という地域高規格道路があります。
広島県三次市から鳥取県江府町に至る道路です。
今年、その中の生山道路の一部が開通しました。

今年開通した高規格道路の一つにあったので、覚えている方もいるかもしれません。

江府三次道路の概要はこのようになっています。
http://www.pref.hiroshima.jp/doboku/kanri/project/doro/doro07_1.html(広島県側)

この道路は、高規格道路ではありますが、
R181、R183と完全に並行している上に、その国道自体は割と良い道です。
役目は松江道+山陰道とほぼ完全に被ります。
果たして地域高規格道路として全線整備する価値はあるのかと思います。
こういう道路は一部改良という形で、あとはそのままでいいのではないでしょうか。
生山道路も、価値があるかといわれればどうかと思いますからね。



記事が面白かったと思ってくれた方は、クリックをお願いします
人気blogランキングへ

posted by tokumei at 00:24| Comment(1) | TrackBack(0) | Old 地域高規格道路を診る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

【愛媛】松山外環状道路を診る

松山外環状道路は、松山市内の中心部を迂回して通る、地域高規格道路の一つです。

松山市の道路交通の現状は酷いものです。
西側では、南北を走るまともな道がありません。
南側では、東西を走るまともな道がありません。
郊外間の交通がまともに機能していない状態です。

今治・北条方面⇔松山以遠の交通は、「松山環状道路」という道路に集中します。
しかも、11号、33号、56号、環状道路では大型店が多く出店しています。
そのため、松山環状道路への交通が非常に多くなり、
松山環状道路では、渋滞が常態化しています。

それを一気に解決するのが、松山外環状道路です。

詳細はこちら
http://www.skr.mlit.go.jp/matsuyam/road/sotokanjou/


人気blogランキングへ
続きを読む
posted by tokumei at 22:09| Comment(6) | TrackBack(0) | Old 地域高規格道路を診る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。