2008年05月11日

バスを使いやすくするには

数日くらい体調不良でした。
原因はわかってるんでそろそろなおりそうです。


既存の公共交通機関のうち、バスは一般の道路を使うことができます。つまり車両と運転手さえいれば新しく路線ができます。
道路は勾配が急なところでも整備できますし、ほぼ全ての家の前には道路が整備されています。
しかし、使い勝手が悪いイメージがあります。

使い勝手が悪いイメージのひとつに、乗り継ぐと別料金が発生することにあります。バス停のそばには何もないので乗り継ぐたびに新規で料金が取られます。基本的には。

その解決方法に、最近普及しているICカードを使う方法があります。
これは是非とも広まってほしいのですが、赤字路線を運営してるところは導入からしてきついでしょうね。
そこで、全国全ての公共交通事業者に対して使えるICカードの導入の提案をします。1枚買えば全国で使えるようにします。定期としても利用可能にします。
こうすれば、料金設定は自由自在かと思います。
プリペイドカード方式にして、お金の入金は郵便局でできるようにしましょう。
とはいっても機械がついていかないかもしれませんし、黒字公共交通機関の負担増による反発も予想されますね。
駅一つ新しく造るのでも、少しでも懐が痛むことには断固反対しますからね。

もうひとつ、悪いイメージを作っている理由があります。
時間より早く来てもバスが時間まで待ってくれているとは限らないからです。
とある県では、バスに乗るためには停留所で手を上げないと停まってくれません。
しかし、対策をとろうにも、道路上にただバス停があるだけだと、時間まで停車していると後ろが停滞します。これはまずい。
解決するにはバス停車帯を整備するしかありません。
既に整備されているところなら、時間まで待つのは今からでもできますので、停まったほうがいいと思います。
それでも都会だと難しいかもしれません。

ただ、ここまでの提案よりも大切なのは、本数を増やす、料金を安くすることですね。多少不便でも安ければ使います。あとは、夜遅くまで働く人を減らすことですか。いくら公共交通が充実してても、夜10時くらいに終バスが終わったら困る人は多いかと思います。
労働環境が良くなること、あとは公共交通への税金投入が重要だということです。

どんなところでも、仕方なく車に乗ってる人はかなりいます。
最低限、公共交通と自家用車、どちらも選べる環境を作ってほしいと思います。
なんでも独立採算にこだわっている現状では夢物語でしょうけど。
この記事へのコメント
技術的にはETCカードが使えるよね!
最近はフェリーや駐車場で使えるところとかガソリンスタンドで使えるように検討しているらしいよ。
あれなら利用後の金額調整ができるから乗り継ぎ割引とかも技術的には可能なはず…たぶん。
Posted by マコ at 2008年05月15日 09:16
そうそう、あと、バスが不便だと思うことっていろいろあるね。

・乗り換えポイントに待合所がないことが多い
・駅中心で路線が多すぎて○○へ行きたい、と思ってもどれに乗ったら良いかわかんない
・時間どおりに来ない(遅れるほうが多い)

駅中心だから目的地に行くのに駅経由になり無駄に都心に集中するという首都高みたいな混雑原因になってますね。
Posted by マコ at 2008年05月15日 09:29
田舎ではバスは殆ど使いません。私の田舎は鉄道が通っていないので公共の交通機関といえばバスくらいなのですが、自家用車利用しかほぼないです。というのも、バスは「バス停が遠すぎる(5km以上)」、「遅い(自家用車だと30分くらい早い)」、「高い(近くのショッピングセンターまで片道1000円以上)」、「本数が少ない(1時間に1本あるかないか)」と全く使う気になりません。その上、田舎者は自家用車のドアトゥドアな便利さに慣れきっているのでバスにシフトするなんてことはまずないと思います。
基本的に利用するのは、通学利用の学生か自家用車がないor運転出来ない高齢者です。

それにしても東京のバスは便利ですね。本数は多いし、運賃は200円固定だし、本当に便利です。これくらい田舎でもしてくれれば少しは公共交通に対するイメージも変わるかもしれません。
Posted by tenshin at 2008年05月16日 22:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96391847

この記事へのトラックバック

第10回 政権交代(CHANGE)が必要な理由
Excerpt: 政権交代が何故必要か。 下記のグラフを見て頂ければ、一目瞭然かと思います。 このグラフは、故石井紘基衆議院議員の書籍『告発マンガ利権列島』から、どういう構成主体にしたら、希望の..
Weblog: 生き抜く力
Tracked: 2008-07-20 15:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。