2008年04月24日

安物デジカメで動画をいくらでも撮れる時代

どうでもいい記事なんですが、最近のデジカメは1万円台でもかなり高性能なものが増えてきました。そして動画撮影機能付きです。

http://kakaku.com/item/00501611184/
こういうのでもまともなショップで2万を切っています。
動画撮影できます。
もっと安いものもあります。当然まともと言われるメーカーです。


さらにSDメモリーカード・SDHCメモリーカードが安くなりました。

http://kakaku.com/camera/sd-card/
ここで、容量4GでSDHCメモリーカードを検索してみてください。

まともなSDカード製造メーカーであるSandiskの4GのSDHCカードが3,000円代で買えます。まともなじゃないA-DATA/PQI/グリーンハウスのメーカー品なら2,000円代をさらに下回っています。

1G当たり30分デジカメで動画を撮影できると考えてください。
4Gあれば2時間です。2時間も撮影できるんです。
1G当たり500〜800円と考えれば、5時間撮影(10G)するのに5,000円というわけです。
8Gのメモリーカードも年内にはまともなメーカーの品が3,000円代になるでしょう。
4Gのカードも半年前にはまともなメーカー品が6,000円代でしたから。

2004年、私は東京の某電気街ででっかいデジカメを購入しました。そして、128MのxDカードを5,000円近く出して買いました。
そんな時代を知っている人間としては夢のような時代の到来です。


とはいっても、最大の問題は、2時間連続で動画を撮影していると電池が切れるということです。こればっかりは電池の進歩を待たないといけません。


ちなみにビデオカメラも3万円台で最低限まともなのが買えます。
動画撮影を重視しているのであればビデオカメラのほうがいいかもしれません。


こんなブログで動画撮影するためのデジカメを勧める一番の理由ですが、ネット上に車載動画がもっと増えてくれればという考えです。
どうせネット上にアップロードする場合、ある程度画質を抑えないとアップロードできませんから、最低限のカメラをお勧めしています。
今はネット上の環境が整っていないため質より量の時代です。量が揃ってから質を考えましょう。

記事が面白かった場合でいいですので
人気blogランキングをクリックしてください
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94575844

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。