2008年04月19日

堤−野芥3.1キロ開通 福岡都市高

堤−野芥3.1キロ開通 福岡都市高

福岡市の南西部を走る福岡都市高速道路5号線の堤(同市城南区)‐野芥(のけ)(同早良区)間3.1キロの開通式典が19日午前、現地で開かれた。同区間は同日午後3時から通行可能となる。

 5号線は、同市博多区の月隈ジャンクション(JCT)から、同市西区の福重JCTまでの18.1キロ。同区間の開通により、野芥‐福重JCT間5キロを除く13.1キロがつながった。

 野芥ランプ周辺で開かれた式典では、吉田宏福岡市長が「道路交通の円滑化や都市機能の維持に貢献するものと期待します」とあいさつ。

 麻生渡福岡県知事は「(揮発油税などの)暫定税率回復をお願いしたい」と述べた。テープカットの後、関係者が堤方面へと車でパレードした。

 福岡北九州高速道路公社は、同区間の開通により、野芥周辺から太宰府インターチェンジ(太宰府市)への所要時間がこれまでの4分の1(約15分)に短縮されると試算している。

=2008/04/19付 西日本新聞夕刊=


http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/17330


福岡都市高速道路のうち、現在環状線に当たる部分を整備中です。
そのうち、側道と高速道路を合わせれば全線通行できるようになっているのですが、高速道路だけでは繋がっていません。
とはいっても、ここ数年の間に物凄い勢いで整備されています。
2010年には繋がる予定だそうです。
posted by tokumei at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | New 道路に関する記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。