2010年02月02日

今回の無料化発表によって・・・

今回、詳細区間が発表されたことにより
交通流動の変化が起こる可能性があります。

・盛岡〜青森方面 
東北道経由→八戸道経由
たぶんないです


・福島・仙台〜秋田・能代・青森方面 
東北道・秋田道経由→東北道・山形道・日本海東北道経由
これはほぼ100%間違いないです
ただし冬季をのぞく

・東京〜三島・沼津方面
東名経由→小田原厚木道路・箱根新道経由
ありえるかもしれません

・大阪・神戸〜敦賀・福井・金沢方面
名神・北陸道経由→舞鶴若狭道経由
神戸からは8割くらい?大阪からも半分くらい?
転換するかもしれません

・大阪・神戸〜鳥取方面
中国道・鳥取道経由→舞鶴道・北近畿道経由
安いのが魅力です

・京都〜鳥取・米子・出雲・浜田・山口市方面
名神・中国道など経由→京都縦貫道・国道9号・山陰道経由
トラックの定番ルートである国道9号経由ですが、
ますます増えるのではないかと思います

・北九州〜大分方面
九州道・大分道経由→国道10号並行ルート
これはほぼ間違いなく起こります

・北九州〜宮崎方面
九州道・宮崎道→国道10号並行ルート
これはまずおこらないでしょう

・八代〜鹿児島
九州道経由→西廻り道経由
これはありえるでしょう


以上です
交通流動の変化は短距離ほど大きく、長距離ほど小さいのではないかと思います。
普通乗用車は2,000円が上限だそうなので、50km〜100km程度の移動で最も料金の差が出てきます。
思いつきで、上限2,000円だか5,000円だかを忘れて記事にしたものなんで、つっこみどころ満載ですご了承ください。
posted by tokumei at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | New アクセス/ルート選択 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140065643

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。