2009年08月31日

環境に配慮した物流システムの整備には時間がかかる

いよいよ政権交代が実現しました。おそらく何年かかけて高速道路の(混雑する場所を除いた)無料化が実施されるでしょう。

無料化、といいますか、(建設費を返すためだけに)料金収入を得るために法外な料金を取り続けて不利益が大きいシステムになってしまっている高速道路のしくみを、このまま維持する必要はありません。
高速道路がガラガラで並行一般道が大渋滞の今の状況がよいはずがないのですから。


ただ、将来的には、船舶・鉄道輸送が中心になったほうがいいと、私も考えています。
しかし、特に鉄道輸送については日本は瀕死の状態です。独立採算制を求められ、高い料金になってしまっているために貨物鉄道は使い物にならないものとなってしまっています。
船舶輸送はまだ大丈夫といえば大丈夫ですが、旅客フェリーは瀕死の状況ですね。
ただ鉄道輸送の場合はもっと悲惨です。線路がなければ貨物列車は走らせられませんが、その線路のインフラがまともに整備されてないからです。
将来的に、船舶・鉄道輸送を中心とするためにもっと鉄道を整備すべきでしょうし、補助金ももっと出したほうがいいのですが、ただそこに行き着くまでは道路交通に依存するしかないでしょう。
となると、現状では既存の道路インフラをいかに効率的に使うかに行き着きます。高速道路の(混雑する場所を除いて)無料化はその最適解ではないでしょうか。



高速道路の(混雑する場所を除いた)無料化はずっと続くでしょうが、車の利用を減らして、公共交通に転換する必要は必ず出てきます。
ただ、圧倒的大多数の地方では車が必須ですから、車が必要ないくらいに公共交通を充実させる必要があります。
ただ、そんなことを全国の市区町村で実施するのは不可能でしょうから、公共交通や車がなくても生活できるようになるのが一番なんでしょうね。
posted by tokumei at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Old/New 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126919595

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。