2008年12月11日

IP制限などについて

一部で感情的な批判コメントが続いていましたがので、一部IPのコメントを禁止にいたしました。週明けには解除しようと思いますが、しばらくはご了承ください。

高千穂鉄道、その他ローカル鉄道に関する、私自身の対応策は以下のものです。
(最初の批判記事が2005年のものであり、現在の意見とはだいぶ違うことを最初にお断りしておきます)

鉄道を復旧させるお金でバス転換すれば、本数を増やすか値下げができますから、そちらのほうがよっぽど地元の役に立つのではないでしょうか?
雇用問題につきましては、元の鉄道会社で働いていた従業員の方を再雇用すればいいのではないでしょうか?
私が考えているのは以上です。
なんでもかんでも鉄道にこだわっていると、非効率になります。
もし地域内交通において鉄道が優遇されてしまえば、鉄道が運良く通っている地域ばかりが優遇されてしまい、鉄道のない地域は悲惨な状態となります。
posted by tokumei at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Old/New 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>鉄道を復旧させるお金でバス転換すれば、本数を増やすか値下げができますから、そちらのほうがよっぽど地元の役に立つのではないでしょうか?

微妙だね〜
バスと鉄道では1便運行するのに必要なコストが違うのです
運行に対するコストは
鉄道が圧倒的に少ないです
その代わり、路線を維持するコストは
鉄道が圧倒的に高いです

ということで一定数の乗客が見込めるなら
鉄道がいいのです

見込めないからバスでという話なのですが
見込めない路線はバスを運行するコストも
まかなえないような路線だったりします

鉄道時代には少ない運行コストだったので
何とか運行できていたが
バス転換すると運行コストの増大で破綻
なんてのが多いです
(んで減便と乗客減の悪循環に)

んでバスすらないなんて状況へ陥ります
(たいていは公の福祉予算でバス運営となる)

なんともならないです
人口密度の高い地域に住むと増税するとか
低い地域は減税するとかしないと
Posted by 姫 at 2009年07月14日 12:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111037660

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。