2009年12月17日

二区間定期の実例1

二区間定期の実例
なかなかうまくはいきません。
一番成功しやすいのはやはり距離を伸ばすことでしょうか。

30.3キロ 大宮〜東京 77,110円
35キロまでの電車特定区間料金

ケース1 赤羽分割
17.1 〜赤羽 2.9キロ伸ばしても同料金
13.2 〜東京 1.8キロ伸ばしても同料金
大宮〜十条 + 赤羽〜有楽町にすると
72,580円になる(5,000円くらい安い)
(大宮〜赤羽〜北赤羽でも可)
(赤羽〜八丁堀or新日本橋でも可)
赤羽〜池袋 150円 十条〜池袋 150円
赤羽〜新宿 210円 十条〜新宿 160円
東京〜品川 160円 有楽町〜品川 150円

ケース2 田端分割
23.2 〜田端 1.8キロ伸ばしても同料金
07.1 〜東京 2.9キロ伸ばしても同料金
大宮〜駒込 + 田端〜新橋にすると
78,630円になる(1,500円くらい高い)
(田端〜越中島・田端〜馬喰町でも可)
駒込・有楽町・新橋へよく行くかた向け

ケース3 分割せず距離を伸ばす
大宮〜田町 77,110円
34.9キロのため値段は同じ
品川・横浜方面へよく行くかた向け


37.7キロ 柏〜新宿 89,210円
40キロまでの電車特定区間料金

日暮里分割 料金が高くなるため使えない
(45キロまでの料金になる)

ケース1 田端分割
28.2 〜田端 1.8キロ伸ばしても同料金
09.5 〜新宿 0.5キロしか伸ばせない
柏〜上中里 + 田端〜新宿にすると
89,210円になる(同料金)

ケース2 分割せず距離を伸ばす
柏〜原宿 89,210円
39.9キロのため値段は同じ
原宿へよく行くかた向け
posted by tokumei at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | New JR通勤定期を安くする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。