2008年05月11日

バスを使いやすくするには

数日くらい体調不良でした。
原因はわかってるんでそろそろなおりそうです。


既存の公共交通機関のうち、バスは一般の道路を使うことができます。つまり車両と運転手さえいれば新しく路線ができます。
道路は勾配が急なところでも整備できますし、ほぼ全ての家の前には道路が整備されています。
しかし、使い勝手が悪いイメージがあります。

使い勝手が悪いイメージのひとつに、乗り継ぐと別料金が発生することにあります。バス停のそばには何もないので乗り継ぐたびに新規で料金が取られます。基本的には。

その解決方法に、最近普及しているICカードを使う方法があります。
これは是非とも広まってほしいのですが、赤字路線を運営してるところは導入からしてきついでしょうね。
そこで、全国全ての公共交通事業者に対して使えるICカードの導入の提案をします。1枚買えば全国で使えるようにします。定期としても利用可能にします。
こうすれば、料金設定は自由自在かと思います。
プリペイドカード方式にして、お金の入金は郵便局でできるようにしましょう。
とはいっても機械がついていかないかもしれませんし、黒字公共交通機関の負担増による反発も予想されますね。
駅一つ新しく造るのでも、少しでも懐が痛むことには断固反対しますからね。

もうひとつ、悪いイメージを作っている理由があります。
時間より早く来てもバスが時間まで待ってくれているとは限らないからです。
とある県では、バスに乗るためには停留所で手を上げないと停まってくれません。
しかし、対策をとろうにも、道路上にただバス停があるだけだと、時間まで停車していると後ろが停滞します。これはまずい。
解決するにはバス停車帯を整備するしかありません。
既に整備されているところなら、時間まで待つのは今からでもできますので、停まったほうがいいと思います。
それでも都会だと難しいかもしれません。

ただ、ここまでの提案よりも大切なのは、本数を増やす、料金を安くすることですね。多少不便でも安ければ使います。あとは、夜遅くまで働く人を減らすことですか。いくら公共交通が充実してても、夜10時くらいに終バスが終わったら困る人は多いかと思います。
労働環境が良くなること、あとは公共交通への税金投入が重要だということです。

どんなところでも、仕方なく車に乗ってる人はかなりいます。
最低限、公共交通と自家用車、どちらも選べる環境を作ってほしいと思います。
なんでも独立採算にこだわっている現状では夢物語でしょうけど。

2008年05月08日

航路を値下げして渋滞緩和を狙う

今日も短めですみません。

フェリー料金ってかなり高いんです。
特に最近は原油価格高騰のために値上げが相次いでいます。

そこで、税金を突っ込んで、通過交通を航路に誘導するのはどうなんだろうと思っています。
これも前々から思っていることです。
前に大阪〜大分のルート比較をしたときにフェリー料金が思いのほか高くて、遠回りの陸上経由のほうがお金がかからない結果となりました。勿体無いなと思うんです。

ただ、フェリーは物凄く遅いので、使えるところは限られてきます。

22時発6時着の夜行フェリーを新設するとして、どこまで移動できるでしょうか?
ちなみに近い条件のフェリーにオレンジフェリーがあるんですけど、大阪南港発で愛媛県の東予港(旧東予市)まで行きます。
高速道路を使えば3時間半あれば移動できるんですけどね。
深夜の一般道でも5時間台でしょう。
フェリーの料金はホームページでごらんください。
4m未満の軽自動車サイズで12,600円です。

http://www.orange-ferry.co.jp/
posted by tokumei at 21:38| Comment(1) | TrackBack(0) | Old/New 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

大型のショッピングセンターを公で整備するのはどうなんでしょうか

今日も結構疲れてるので短めです。コメント溜まってすみません。
妄想込みです。すみません。

私が考えているのは、郊外型のショッピングセンターを公で整備して運営、地元で店を運営したい人にテナントを安く貸すようなことです。
ジャスコとかゆめタウンとかアピタとか、民間に運営させないのがポイントです。採算が合わなくなれば逃げるのは当然ですから。
郊外型とはいっても、イメージは長野新幹線佐久平駅みたいな感じで、郊外だけど線路はすぐそこにあってすぐ駅が造れるようなところです。
行政機関もついでに移してしまうのがいいですね。
当然ですが、公共交通も鉄道をはじめとしてそれ以外にも使いやすいようにします。


明治の時代に鉄道が整備される際、駅は町外れに造られたところが非常に多かったのでした。
そこが発展して都心になり、またはもう寂れてしまったのです。
また、郊外に道路交通を中心とした中心地を新しく造ってもいいのではないのかと思っています。



ここから先はあまり関係ないのですが・・・
道路交通の魅力は、家から目的地まで自家用車が直に乗り入れることができるだけではありません。
バスは大量輸送には適してはいませんが、地方だと8人のりくらいにして本数を増やす、路線網を増やすことができます。
町外れの地区から直接都心に乗り入れる路線、も可能です。
ちょっとした会社なら、通勤バスを用意して運営することもできます。
その辺、もうちょっと柔軟に運用できないかなと考えてしまいます。
posted by tokumei at 22:25| Comment(3) | TrackBack(0) | Old/New 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

珠洲道路

福井、石川、富山の北陸3県から戻ってきました。
走行中に一番面白い道路と感じたのは、珠洲道路と呼ばれる道路です。

石川県能登半島の一番先にある珠洲市と、能登半島を縦貫する能登有料道路を結ぶ道路です。
(能登有料道路(能越自動車道)は能登空港近くまで伸びていますが、ここから輪島まで整備される予定になっています)
無料で、高速道路級の広い路肩があります。
センターラインは白い線が二つ引いてあります。
写真がないのが非常に残念です。撮ればよかったです。
制限は一部狭い部分を除いて60キロのようです。
信号はほとんどなく、主要交差点の多くは立体化されています。
立体化していない交差点には広い右折レーンが整備されています。


一般道の高規格化で高速道路のようになっています。
非常にすばらしい道路です。
「一般道を高規格化する」とはよく聞かれますが、これくらいやれば高規格化として文句ないです。欲を言えば、左折専用レーンが欲しいです。
道路の流れは非常に良好でした。(んなてち)キロくらいで流れていました。


ただし、ここまで整備できたのは理由があります。
・珠洲市を含む能登半島はなだらかな地形
・山の中を縫うように走っている
・道路のそばに人がほとんど住んでいない

これを、主要都市間の道路に適用するのには無理があるのではと思います。
都市間には沢山の車が走っており、中途半端に高規格化しても事故増加の元になるだけで整備費用はあまり節約できないからです。
珠洲道路でも、この時期は田植えシーズンですから、路肩に軽トラを停めていましたし、狭い道との交差点でも右左折待ちの車がありました。


記事が面白かった場合でいいですので
人気blogランキングをクリックしてください
posted by tokumei at 22:03| Comment(2) | TrackBack(1) | New 道路に関する記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

ゴールデンウィークの渋滞傾向

5月3日の夜中から始まるようですね。
今回、私は渋滞真っ只中に突入しますが、微妙に避けていますので、確実に当たるのは5日の名神高速道路(吹田方面)くらいだと思います。
舞鶴若狭自動車道が早くできてくれればスルーできるんですけどね。
平成26年度開通予定、だそうで、まだまだ先の話になりそうです。
国道27号は片側1車線の国道で、北海道・東北・関東・中部・近畿・中国・四国・九州地方のナンバーをよく見かけることができます。
一般道だけを走って関西を避ける場合(青森・新潟・福井方面・名古屋方面〜鳥取・下関方面)ここを通るほかありませんからね。
今年のGWでも美浜町で渋滞が予想されてるそうで、多分私も引っかかってることでしょう。

本題のゴールデンウィークの渋滞傾向ですが、まず確実に言えるのは、関東を3日に出発して5日ごろに帰るプランに重なって移動するのは愚かとしか言いようがありませんね。
そのプランしかできないから渋滞してしまうんですけど。
こればっかりは第二東北道を始めとした追加投資が必要になってしまいます。
それから厄介なのが、名阪間の高速道路ですね。上下線共に混雑してしまいますし回避ルートがありません。
全ての道が滋賀県・京都府・大阪府に通じています。
うまく回避しようとすると・・・
舞鶴・若狭ルート・・・高速道路未整備、かつ微妙に遠回り
国道477号ルート・・・酷道
国道372号ルート・・・京都市街突入は自殺行為
新名神ルート・・・未開通
名神ルート・・・一番無難でも渋滞
阪神高速・名阪ルート・・・渋滞、高速道路代節約の車が集結
というわけなので、実質的に使えるのはこれにR477とR372、新名神を除いた3つです。
やっぱり名神ルートにせざるを得ないでしょう。
これでも新名神が開通したおかげで滋賀県の混雑はだいぶマシになってるはずです。
山陽道はそこそこの渋滞で収まりますが、車線変更禁止トンネルと登坂車線と大型車が多いので下手したら東名・名神より走りにくいかもしれません。特に広島県全域と山口県東部。
九州道も交通量が非常に多いので激しく渋滞します。
特に鳥栖JCT近辺は凄いですね。九州西部を移動する場合、福岡市は回避できても鳥栖・久留米には吸い寄せられてしまうようです。

あと大変なのが暫定2車線の高速道路で山の中をトンネルが多いところを走る区間です。混雑がやや酷いのが磐越道・上信越道・東海北陸道(白川郷)・米子道・松山道(松山以南)・高知道(上下線分離は完了)で、非常に混雑するのが東海北陸道(郡上・白鳥ほか)・阪和道(長峰トンネル)・高松道(大坂トンネル)です。

ゴールデンウィークはガソリン代が上がったとはいえ、どっか行く人が多いでしょうから渋滞情報は事前にチェックして対策の対策の対策まで考えておいたほうがいいかと思います。
このブログ、再開直後ではありますが、明日より6日夜までお休みします。すみません。
posted by tokumei at 19:26| Comment(1) | TrackBack(0) | Old/New 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。